INFORMATION -お知らせ-

キム・ナムギル、総合エンターテインメント会社を設立!

kng

[韓国エンタメニュース]


俳優キム・ナムギルが総合エンターテインメント会社“ギルストーリーENT”を設立した。


キム・ナムギルは最近、sanai picturesのハン・ジェドク代表と提携して総合エンターテインメント会社“ギルストーリーENT”を設立、新しい舞台で独自の活動を始めた。


“ギルストーリーENT”は、アーティストの迎え入れ及び育成、作品活動の支援、財務管理、評判及びリスク管理など領域別に専門化されたシステムを体系的に提供する。特にアーティストの価値をコンテンツとして具現化し、アーティストが価値収益を創出できるように提供し、活動を実行する計画だ。さらにマネジメント及びコンテンツ制作、IP事業まで含めたエンタービジネスに拡張していき、成長を図るとして期待が高まっている。


キム・ナムギルは「ギルストーリーENTと共に様々な分野の活動を行う計画だ。今後は、漸進的に様々な分野のアーティストを迎え入れ、マネジメントだけでなくアーティスト中心のIP事業も拡張していく計画だ。関心を持って見守ってほしい」と愛情のこもった感想を伝えた。


一方キム・ナムギルは、MBCドラマ『善徳女王』を通じて大衆から人気を博し、スターとなった。その後「赤と黒」『医心伝心~脈あり!恋あり?~』などのドラマや映画『パンドラ』『無頼漢 渇いた罪』『パイレーツ』など地道に作品活動を展開し、主演俳優としての地位を固めた。2019年ドラマ『熱血司祭』を通じて作品の成功街道を導くトップスターとして確固たる地位を確立した。2021年は映画『保護者』『非常宣言』の公開を控えており、現在は映画『夜行』の撮影を行っている。またドラマ『アイランド』など様々な作品を検討している。さらに2015年には非営利団体“ギルストーリー”を設立し、様々なグローバル公共芸術キャンペーンを展開している。



写真提供:ギルストーリーENT



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る