INFORMATION -お知らせ-

ソン・ガンホ、キム・ナムギル、イ・ビョンホンら主演『非常宣言』、カンヌ映画祭へ!

64129b58-6c9a-4461-8249-115887dfca0d


[韓国エンタメニュース]


これまで見ることの出来なかった圧倒的な現実味溢れる航空災難映画として熱い関心を集めている映画『非常宣言』が、第74回カンヌ映画祭公式セクションであるアウト・オブ・コンペティション部門に出品されることが明らかになった。


『非常宣言』は、史上初の災難に直面し無条件に着陸を余儀なくされた飛行機で繰り広げられるリアリティ航空災難映画だ。


アウト・オブ・コンペティション部門は映画祭の公式セクションであり、芸術性と商業性を備えた作品が厳選されるカンヌ映画祭の代表的なセクションの一つだ。この日カンヌ映画祭のティエリ・プレモ映画祭執行委員長は、「韓国映画は大きく作家主義の作品、歴史を扱った作品、ジャンルが際立った作品の三つに分かれると考えるが、その中でも『非常宣言』はジャンル性が一層際立った作品だ。完璧なジャンル映画だと言える」と出品の理由を語った。


国内初航空映画という事実に加え、ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュンなど豪華俳優たちの共演により注目を集めた『非常宣言』はカンヌ映画祭への出品により期待感が一層高まる形となった。


ハン・ジェリム監督は今回の知らせに対し「コロナ19により全世界が困難な状況の今、映画『非常宣言』で希望と癒しを差し上げたいという思いが皆さんに伝わることを願います」と伝えた。


映画『非常宣言』は7月6日に開幕予定のカンヌ映画祭で初公開される予定だ。



写真提供:SHOWBOX



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る