INFORMATION -お知らせ-

キム・ナムギル、1日マネージャーに変身!

[韓国エンタメニュース]


kng


キム・ナムギルが自身の所属事務所女優イ・スギョンの1日マネージャーを務めた。


韓国にて25日に放送されたMBCバラエティ『全知的おせっかい視点』でキム・ナムギルとイ・スギョンは、自身の所属事務所女優の1日マネージャーを自任する所属事務所代表と、生涯初のバラエティ番組に挑戦するニューフェイスとして1日を過ごし、最新映画『奇跡』のPR日程を共にした。


この日のオープニングでバラエティ初出演の感想を伝えたイ・スギョンは、緊張した表情で純粋な魅力を披露した。そして、映画『奇跡』の同僚俳優たちのためにタンフル(フルーツを砂糖でコーティングしたもの)を作るイ・スギョンの映像と共に、この日のサプライズマネージャーとして所属事務所代表キム・ナムギルが登場した。イ・スギョンの最新映画が公開されるのに合わせて、応援イベントとして1日マネージャーを自任したのだ。続いて、舞台裏にいたキム・ナムギルが現れるとスタジオは瞬く間に歓声に包まれた。


映像の中のキム・ナムギルは友達のような先輩、またカリスマ溢れるエンターテインメント会社代表としての姿を同時に発揮した。


キム・ナムギルはタンフルの試食を勧めるイ・スギョンに「拒否するよ」と冗談を言いながら、「個人的にはプレゼントしないで欲しいな。関係が遠のきそうだ」と冗談を飛ばした。しかし、自身の机に座った時は日程と書類を検討する代表に変身した。


それだけでなく、1日マネージャーらしく直接ハンドルを握ったキム・ナムギルは、移動中にも先輩としての助言を惜しまなかった。特にバラエティのカメラに慣れていないイ・スギョンに「楽にやればいいよ。きちんと編集してくれるから」と制作陣に対する愛嬌を飛ばした。


インタビュースケジュール後、食事を共にしたキム・ナムギルとイ・スギョンは時代劇の演技について質問と答弁を交わし、俳優らしい姿を見せた。その一方でモッパンを繰り広げたキム・ナムギルはご飯3~4杯、サムギョプサル6~7人分、冷麺2つを平らげる大食家であることを告白し、体型管理の秘訣として休まずおしゃべりすることを挙げ、笑いを誘った。


2人の最後のスケジュールは、映画『奇跡』のPRのためのムービートークイベントだった。舞台裏でイ・ソンミンとパク・ジョンミン、ユナ(少女時代)に会ったイ・スギョンは慣れた雰囲気にリラックスした表情を見せながらも、番組の笑いの分量について心配するバラエティ本能を披露した。


このようにキム・ナムギルは、先輩の助言と細心のサポートを兼ね備えた1日マネージャーとして活躍し、後輩への愛と共にセンス溢れるトークでバラエティ感覚まで完璧な存在感を証明した。イ・スギョンも隠されたバラエティ初心者の純粋な姿はもちろん、キム・ナムギルとの兄妹のようなケミを誇り、ギャップのある魅力を披露した。

 
kng1

 一方キム・ナムギルは現在SBS新ドラマ『悪の心を読む者たち』の撮影中だ。



写真出処:MBC放送画面キャプチャー



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI


一覧に戻る