INFORMATION -お知らせ-

『悪の心を読む者たち』キム・ナムギルら、“運命のような出会い”

kng-8

[韓国エンタメニュース]


SBS新金土ドラマ『悪の心を読む者たち』キム・ナムギル、チン・ソンギュ、キム・ソジンが演技呼吸について自信を示した。


『悪の心を読む者たち』は、動機のない殺人が急増していた時期、悪の頂点に立つ連続殺人犯たちの心を熾烈に読み解かねばならなかった韓国初のプロファイラーの物語を描いた犯罪心理捜査劇。


今作は映画よりも映画のようなキャスティングラインナップが期待を集めている。演技力、視聴率、話題性をすべて掴む最高の俳優キム・ナムギル、舞台とスクリーンを掌握した最強の存在感を誇る俳優チン・ソンギュ、優れた演技力で映画だけでなくお茶の間攻略に乗り出した女優キム・ソジンが出会ったのだ。3人に共に演技をしながら感じた互いの呼吸と長所、魅力について直接聞いてみた。


まずキム・ナムギルは「チン・ソンギュとキム・ソジン、2人は本当に素晴らしい俳優さんなので、言うまでもなく演技呼吸はもちろん、他のすべてのことが良かったです。今回一緒に演技をしながら感じた特別なことは2人とも人と状況への配慮が素晴らしく、自分よりは撮影現場と共演者に対してまず考え、協力できる同僚だということです。人に対する理解のある方々なので、そういう点で今作と俳優たちの性向が合っていると思います」と伝えた。


チン・ソンギュは「劇中キム・ナムギルさんが演じるソン・ハヨンと、僕が演じるクク・ヨンスは“運命のように出会った”と言えます。実際にもキム・ナムギルさんとの出会いは運命のようです。最初から息がぴったりでした。彼は毎瞬間、相手が劇に没入出来るようにしてくれるスマートな俳優です」とキム・ナムギルを称賛した。キム・ソジンについては「柔らかくて落ち着いたカリスマを持った女優さんで、シーンごとに最善のコミュニケーションを取る女優さんです。それだけに撮影は水が流れるように自然でした。一緒に演技をする時、ものすごい吸収力を発揮する女優さんです」と伝えた。


最後にキム・ソジンは「多くの作品を一緒にしたことはないですが、少なくとも今作について心から悩んでいるという信頼がありました。作品への愛情を持っているその気持ちが良かったです。また演技に正解はないですが、個人的にその過程をうまく探せるように配慮し、待ってくれた2人に感謝の気持ちを伝えたいです」と共演したキム・ナムギルとチン・ソンギュに感謝を伝えた。続けて「キム・ナムギルさんはこれまでの多くの経験が物語るように、現場で余裕と柔軟さがありました。本当に羨ましかったです。チン・ソンギュさんは演技に対する純粋な情熱が感じられたのですが、私も楽しかったです」と振り返った。


それぞれの演技力と存在感だけでも“信じて見られる”俳優たちが出会った。それも作品に対する愛情と情熱で団結して。同じ気持ちで作品に向き合うだけに彼らの演技呼吸は最高、それ以上であるしかなかった。今作が持つエネルギーが爆発的になるしかない理由だ。


一方『悪の心を読む者たち』は、韓国にて来る14日夜10時より放送スタート予定だ。



写真提供:スタジオS



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る