INFORMATION -お知らせ-

「第23回釜山国際映画祭」開会式 司会に決定!

キム・ナムギル,ハン・ジミン


[韓国エンタメニュース]
 
 
第23回釜山国際映画祭の開会式にて俳優キム・ナムギルとハン・ジミンが司会を務める。
 
しっかりとした演技力でTVとスクリーンを行き来しながら忙しく活動中のキム・ナムギルと、ジャンルを問わず多様なキャラクターを演じ活動を続けているハン・ジミンが10月4日午後7時より映画祭専用館「映画の殿堂」屋外劇場にて行われる第23回釜山国際映画祭 開幕式の司会に決定した。
 
2003年にデビューしたキム・ナムギルは、映画「後悔なんてしない」(2006)にて初主演を務め、ドラマ「善徳女王」(2009)ではピダム役として視聴者の大きな愛を受けた。以降、「赤と黒」、「サメ〜愛の黙示録〜」、「医心伝心~脈あり!恋あり?~」など多数のドラマに出演し、アジアを代表する俳優として位置づけられた。
 
特に、映画「殺人者の記憶法」(2017)では殺人犯役を務め、原作小説のキャラクターを上回るという好評を受けた。キム・ナムギルは今年下半期にクランクインするホラー映画「クローゼット」への出演も決まっており、祓魔師のキャラクターを披露する予定だ。
 
ハン・ジミンは2003年、ドラマ「オールイン」のヒロイン ソン・ヘギョの子役としてデビューし、同年のドラマ「ナイスガイ」にて初主演を務めた。以降、映画「青燕」(2005)でスクリーンデビューし、「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」(2011)、「プランマン」(2014)、「密偵」(2016)など、時代背景とジャンルを問わず様々な役割を演じてきた。
 
また、パク・ヒョンシクと共演した短編映画「二つの光:Relumino」(2017)ではアロマテラピストのスヨン役を演じ、真正性のある演技を披露、現在韓国にて放送中のドラマ「知ってるワイフ」ではワーキングマザー ウジン役のリアルな演技が人気を集めている。韓国封切を10月に控える映画「ミス・バック」では、これまでとは違う強烈なキャラクターに変身する予定だ。
 
一方、今年の釜山国際映画祭は10月4日から13日まで釜山市一帯で行われる。79カ国323本が上映される予定で、オープニング作品には韓国のユン・ジェホ監督の「ビューティフル・デイズ」、クロージング作品には香港のユエン・ウーピン監督の「イップ・マン外伝」が選定された。



一覧に戻る