INFORMATION -お知らせ-

「熱血司祭」、重厚なメッセージを伝える予告映像公開!

キム・ナムギル,熱血司祭


[韓国エンタメニュース]
 
 
SBS新金土ドラマ「熱血司祭」の強烈なストーリーを予告する第3次ティーザーが公開された。
 
「熱血司祭」は、一度燃えあがると誰にも止めることの出来ない司祭と間抜けな刑事が老司祭殺人事件で出会い、共に捜査を始めるコメディ捜査ドラマ。ナムグン・ミン&2PMジュノ主演ドラマ「キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~」、日本でもリメイク版が制作されたチュウォン主演「グッドドクター」など、骨太な脚本を執筆するパク・ジェボム作家と、イ・ボヨン&イ・サンユン主演「耳打ち ~愛の言葉~」、キム・レウォン主演「パンチ~余命6ヶ月の奇跡~」などで優れた演出力が認められたイ・ミョンウ監督がタッグを組むことでも関心を集めている。
 
そんな中、26日に公開された「熱血司祭」第3次ティーザーは重みのあるストーリーまでを披露し視聴者を魅了した。ティーザーでは腐った世の中に向かってキム・ナムギルが怒りを露わにする。「私たちがそうしたからって、世の中が変わりますか。怒る時には怒らなきゃ」と叫ぶ彼の姿は骨のあるストーリーを予告し、強烈な響きを与えている。
 
続いてキム・ナムギルは大切な人を失う衝撃的な事件と向き合う。事件の現場を確認し、葬儀の場に立ち会う彼の顔には悲しみが満ちている。聖堂の真ん中で苦しい表情を隠せない彼は結局、次のシーンで悲壮に何処かへ歩いていく。続いて、何者かと激しいもみ合いをする彼の姿が。
 
その後、画面は反転しキム・ナムギルの苦労が予告される。キム・ナムギルの捜査を台無しにする“バカ刑事”のキム・ソンギュン、事あるごとに衝突する検事イ・ハニの妨害が展開され、ここに“悪のカルテル”として活躍するコ・ジュン、インチキ宗教の教祖役イ・ムンシク、ギャングスターに変身したキム・ウォンヘ、そして意欲あふれる新人刑事に扮するクム・セロクまでが登場。強力な存在感を示すキャラクターたちが隙のないドラマへの期待を高める。
 
一方、「熱血司祭」は韓国にて2月15日より放送スタート予定だ。




 
写真提供:SBS「熱血司祭」ティーザー

一覧に戻る