INFORMATION -お知らせ-

キム・ナムギル、暴風前夜の葬儀…「熱血司祭」スチールカット公開!

キム・ナムギル,熱血司祭


[韓国エンタメニュース]
 
 
「熱血司祭」キム・ナムギルの怒りが燃え上がる。
 
キム・ナムギルは現在韓国にて放送中のSBSドラマ「熱血司祭」にて血の気の多いカトリック司祭キム・ヘイル役を演じている。強い眼差し、憚ることのない毒舌、悪党たちを相手にするアクションまで…。キム・ナムギルは彼だけの表現力でこれまでになかったキャラクターを完成させた。
 
間違ったことを見ると耐えられない司祭のキム・ヘイル。彼は詐欺師を懲らしめる過程で事故を起こし追い出されるようにクダン聖堂にやってきた。そこには彼を温かく包んでくれる師匠イ・ヨンジュン(チョン・ドンファン)神父がいた。前回の放送ではイ・ヨンジュン神父が疑問の死を迎える姿が描かれ、嵐のようなストーリーが展開された。
 
さらにキム・ヘイルを熱くさせる起爆剤が生まれた。イ・ヨンジュン神父が自殺に加え、“信徒セクハラ”という汚名まで被って死ぬことになったのだ。そしてまるで示し合わせたかのように事件をそのまま片付けようとする警察と検察。そんな状況にキム・ヘイルは警察署に進撃、憤りを爆発させて今後の展開への好奇心を刺激した。
 
そんな中、第5、6話の放送を控えた「熱血司祭」制作陣はイ・ヨンジュン神父の葬儀を執り行うキム・ヘイルのスチールカットを公開した。
 
写真のキム・ヘイルは悲しみのこもった表情で一点を見つめている。今にも涙が溢れそうな彼の眼差しにはイ・ヨンジュン神父への切ない想いが込められており、キム・ナムギルは深い感情の演技でキム・ヘイルが憤るしかない理由を描き出している。
 
これについて制作陣は「イ・ヨンジュン神父の死を基点に『熱血司祭』キム・ヘイルの本格的な復讐が展開される。過去の国家情報院要員時代の本能を発揮し、神父の死を暴こうとするキム・ヘイルの姿が興味深く描かれる予定だ」とし、「嵐のようなストーリーの始まりを知らせる今週の放送にご期待ください」と伝えた。
 
一方、SBS金土ドラマ「熱血司祭」は血の気の多いカトリック司祭とおバカ刑事が殺人事件をきっかけに出会い、共助捜査を始めるコメディ捜査ドラマ。初回放送の視聴率は全国13.8%、最高18.3%(ニールセンコリア基準)を記録し、多くの話題を呼んでいる。第5、6話は韓国にて本日(22日)午後10時より放送予定。
 
 
写真提供: SBS

一覧に戻る