INFORMATION -お知らせ-

​キム・ナムギル、数億ウォンをかけてNGOを運営する理由とは…

キム・ナムギ
キム・ナムギ

 

[韓国エンタメニュース]


俳優キム・ナムギルが数億ウォンをかけてNGO団体を運営する理由を明かした。
 
キム・ナムギルは、28日韓国にて放送されたプログラム「キム・ヒョンジョンのセンター:ビュー」にゲスト出演。自身が運営しているNGO団体について語った。
 
この日放送で彼は「最初は大きな意味があって始めたわけではなく周囲の知人たちを見習ってボランティア活動を始めました」とし「2013年フィリピンのファンから津波の為に被害を受けたので助けて欲しいと手紙を受け取りました。当時助ける方法を悩んだ末にクラウドファンディングを要請し300世帯に救護品を贈りました」と語った。
 
NGO団体ギルストーリーを運営しながら進行中のプロジェクト「道を読む男」について彼は「道を歩きながら感じる様々な情緒や共に生きる社会について接近し始めた」とし「時代が変わっても忘れず分かち合おうという趣旨です」と説明した。また彼は「貧困を助けることは出来ないが、ねぎらうことは出来ると思っています」とした。
 
キム・ヒョンジョンは「私費でNGO団体を運営していると聞いていますが」という質問にキム・ナムギルは「俳優をしっかりやればいいのにと、人々は続くはずもないと思っていました。ですが数年間私費で運営をしています」と明かした。
 
これだけでなくキム・ナムギルは、自身が運営するギルストーリーの企業後援を断った理由についても「資本論理に本質を失いたくなかったです。社会的企業が持っている方向性と僕たちは違います」とした。
 
キム・ナムギルがギルストーリーに投資した資金は、数億ウォンだと明らかにした。これに関して彼は「ボランティアの方々が才能を寄付するというやり方で運営をすることを望んではいませんでした。活動をするにあたって必要最低限の費用を支援します。会議もしなければならないですし、食事もしなければならない為、私費でこれをまかわなければならなかったです」と語った。
 
一方キム・ナムギルは、バラエティー番組「シベリア先発隊」に出演し、映画「クローゼット」の公開を控えている。また、韓国にて12月自身が企画したイベント「宇宙最強ショー」を開催する予定だ。


写真提供:放送キャプチャー

一覧に戻る